思い出のページ

 ★ちびとの出会い

★二度の出産
★なみとの出会い
★ちびとの別れ
1986年2月に前の飼い主が飼えなくなり、我が家にやった来た。名前は前の方が「ちび」と呼んでいたので、そのまま呼ぶことにする。
柴犬の雑種で3ヶ月ぐらいだった。
とても甘えん坊で、結構臆病者
でも、みんなに親しまれ、いつのまにか近所のアイドルになっていた。
私より近所付き合いがうまかったなぁ。
*初めての出産
1989年8月 4匹生まれる。
初めてにしたら元気な子供達
私も初めての出産立会いで、
生まれる瞬間は感動!
左の一匹を私の実家で飼って貰っている。今も元気です。
右は私のお気に入りの写真。
親子で何を話してるのかなぁ・・・
*二度目の出産
1991年9月23日
なんと私の誕生日に生まれた。
今度も4匹だったが最後の子が
大きくなりすぎて、慌てて病院へ行き帝王切開で出産。一時は母子とも危なかったが、子供だけだめだった。やはり母は強しだ。
1993年7月 近所の公園でちびと散歩してたら、
まだ捨てられたばかりの5匹の猫を発見。
ちびを親と間違ってついて来た。
この日は気になりながら帰り、
どうしても次の日気になるので
公園へ行くと3匹が残っていた。
すぐにつれて帰り綺麗にして籠の中へ入れた途端、
ちびはその日から猫のお母さんになった。
1匹は亡くなり、あとの2匹は元気に育ち、
雄の方は猫好きな方にもらってもらえた。
雌は身体が弱かったので我が家で飼うことになる。
名前は7月31日に来たので「なみ」と名づける。
シャム猫の雑種で気が強く、わがままだけど可愛い。
いつのまにか私の布団で腕枕で寝るようになる。
一度脱出したが、大きな猫に追っ掛けられてから
外へは出なくなり、室内猫になる。
避妊手術をするまでに2度よその猫が侵入してきて
かばったのが逆に私が噛まれる羽目になる。
手術後はおとなしくなり、今ではおだやかな猫に
なってくれた。





いつも一緒
こんな時もあったんだ
美人になったでしょ
ちびとは13年間、一緒に楽しく暮らしてきた。
でも、ある日突然にお乳のあたりにしこりができて
急に出血がでて気がつく。慌てて病院に行くと
乳腺ガンといわれ手術、一旦は元気になったのだが
病魔はすぐに現れ、5ヶ月後にリンパ節ガンに・・・
なんと7月、12月の2回の手術、ちびも気を遣ってくれたのかボーナス時分に合わせてくれたのだ。
左の写真は1回目の手術後10月ごろの元気な姿。
この写真は2回目の手術後で痛々しいのをなみちゃんが心配して見守っているところです。
お互いに仲の良い親子でした。
一度は元気になったのですが、お正月を無事過ごした
1月8日に今度はお腹の回りが膿んできて、
世話をかけたのは亡くなる1週間前だけ。

2月3日 節分
仕事から帰ってきたら、眠るように亡くなっていた。
最後まで面倒をかけない犬だった。
亡くなっても未だにみんなから話の話題に上がるほど
親しまれていた犬でした。

 ★運命的な出会い
ちょうどちびが亡くなって1年になろうとしていた頃、
ボランティアの方から、柴犬の雑種の子犬がいるといわれ
会った途端、なんとなくちびの面影がある犬で、人なつこく、
初めて会ったのに前からいるような犬だった。
当分飼うつもりはなかったが、手放せなくなり飼う事に。
我が家にやってきたのがなんと2月3日。
ちょうどちびが亡くなって1年目の同じ日、
これはきっとちびの生まれ変わりのように思えた。
なんだか運命的な出会いである。
この日から我が家の一員になる。
今では一番家の中で威張っている。
なみちゃんも最初は威嚇していたが、今では仲良く暴れまわっている。こんなに早く仲良くなれるとは。
一変に我が家はにぎやかになり、笑いが絶えない。
これもちびのおかげかも。。。  ありがとう!
お母さん大丈夫!
なみ&はなの写真館