*禅 健 法 と は
  体調不良や病気になる大半の原因は、「体のゆがみ」と「呼吸の乱れ」にあります。この「体のゆがみ」と「呼吸の乱れ」を改善すれば、
 もともと体に備わっている「自然治癒力」がどんどん活性化され「病気知らず」「疲れ知らず」の心身をを取り戻せるのです。
  自然治癒力を高める方法として、@「一人整体」(体のゆがみを取る)とA寿命を延ばす「禅呼吸法」(呼吸の乱れをなくす)があります。
 そしてあらゆる病気に効く「禅体操」これらを総称して禅健法といいます。
  また、気の流れを高めるために、二人一組になって行う達磨拳の技法を取り入れることにより、さらに気力が高まるものであります。
<参 考>
◎自然治癒力とは
 人の生命力が病を治す力のことをいいます。
 自然とは「自ら然(しか)り」とうなずく意味ですから、命は自身をもって自分の病を治すものです。
◎自然治癒力の働きについて
 ・下痢は、寝冷えで発散しそこなった汗を、大便に託して排出しているのです。これこそが「自然 治癒力」、
  お釈迦様も下痢をすれば治ると知っていて、ぬるま湯を飲んで何回も下痢をし、全快させたといいます。
 ・風邪の初期症状に「足湯」が効く事が知られています。足湯とは、くるぶしまでお湯につけ、汗をかくことで風邪を治す治療法です。
 ・仕事に疲れたとき、「手足を心臓よりも上に上げると循環がよくなり、疲れがとれる」ということをわかっていて、
 自然治癒力を働かせているのです。
 ・自然治癒力が疲れを処理したというサインは、自分の体の声に耳を傾ければわかります。わかりやすくいえば、
  机の上に足を載せるポーズや、あくびをするのがイヤになったら、疲れが処理されたと考えればよいのです。
◎身体の不調になる原因は
  骨盤や背骨がゆがんでいれば、その中を通る中枢神経系の指令がうまく全身に伝わらなくなるので、身体が不調になって当然です。
 また、ゆがんで固くなった骨格は呼吸の乱れをつくります。
 これもまた身体の不調の原因になります。
◎「一人整体」を行い、不調になる原因をなくします
  整体というと、整体師に骨をボキボキッと調整してもらう治療を想像する人が多いと思いますが、この一人整体では痛みをともなう運動は
 一切ありません。この運動は、たった一人でできる、自然治癒力を高める治療法なのです。
◎「一人整体」の方法
 ・身体を四方八方に動かして、イヤな感じのする動きを発見します。そしてその方向と逆の動きを繰り返す。これだけです。
 ・イヤな感じがどんな感触かというと、どうもしっくりこない、違和感のある、または痛みを伴う感触 のことです。
※※※ 一 部 紹 介 ※※※
禅  健  法 (1人でできる)
1. 循環器運動  ※体内をめぐる酸素や血液の流れを勢いづける
 @ 股関節の運動 イ.観音開き(10回)     ロ.ワイパー(10回)
   ハ.下肢を床すれすれまで(5回)、脱力(3回)     ニ.両下肢を開いて重さを呼気で味わう。
 A 膝関節の運動 ・踵で天井を押し上げる。(片足20回)
 B 足関節の運動 イ.両足をそろえてそらしたり伸ばしたりする。 ロ.両足を交互にそらし伸ばす。
ハ.足の甲を合わせて動かす。(20回)
 C 足指じゃんけん ・足の指をグーパー、グーパー(20回)
 D 肩関節の働き イ.合掌で上下に動かす。   ロ.4本指で引っかけ上下に動かす。
2. 放下運動   ※体のこわばり(かたさ)を消す
@ 上肢の放下(10回) 肩こり、五十肩、猫背、人によっては耳鳴り、めまいの改善。
A 下肢の放下(10回) 腰痛、五十肩、股関節変形の初期。
3. 立ち魚運動 ※体幹の中心線を豊かにし、生命力を育てる
※バランス機能低下、鼻づまり、胃弱、腰痛の改善に期待される症状。 片足1分、両足2分
4. 立 禅  ※体幹の中心線をきたえる。(気血の集中力を育てる)
※高血圧、腰痛、花粉症、変形性股関節症の改善に期待される症状。 1日3分
5. 一人整体 ※体のゆがみを取る体操
@ 足踏み健康法 ※「股関節のゆがみ=腰痛」をこれで解消する。
  イ.目を閉じてその場で足踏み50回、両腕は大きく振る。太ももは水平まであげる。
  ロ.左に向いた人は、右足でボールを蹴る動作を10回する。再度テストする。
A かかとおとし ※「眼球のコリ=めまい」をこれで解消する。
  イ.目の違和感を見る。(仰向けに寝て、顔を動かさないまま、左右に精一派流し目をする)
  ロ.腰のつっぱり具合を調べる。(両腕を左右に大きく広げて、両膝を立てた状態から、左右に倒す)
  ハ.右に倒したときに腰に違和感を覚えたら、右膝を右に倒した状態で両方の踵を10センチ浮かしてすぐに落とす。(3回)
・・・目の筋肉にコリのある人は、必ず腰の筋肉にもコリがあります。・・・
・・・白眼の裏の筋肉は、頭蓋骨とくっついていて、首や肩の筋肉とはくっついていない・・・
ニ.再度流し目をして確認する。
B 「骨盤のゆがみ」をチエックする
・・・骨盤と背骨のゆがみから、慢性病の80%が発生します。・・・
※次のような症状のある人は、背骨や骨盤がゆがんでいます。チエックして下さい。
イ.腹がボコッと出ている。  ロ.頬杖をつくクセがある。      ハ.椅子に座るとすぐに足を組む。
ニ.首が片方に向きにくい。  ホ.腕の長さが右と左で違う。  ヘ.スーカトの中心がズレる。
ト.靴底の減り方が左右で違う。  チ.歩行中によくつまずく。
リ.ときどきギックリ腰になる。  ヌ.寝相が悪い。仰向けに寝られない。
・・あてはまる箇所が多い人も悲観することはありません。「一人整体」と「禅体操」を行えば、
  ゆがみが調整され健康になっていきます。・・・